SoftBankから格安MVNOに乗り換えようかという比較メモ

最近の携帯電話各社の動向についてあまり知らなかったけど、iPhone 6が発表されてそろそろ自分も更新月かなと思いSoftBankのHPを眺めていたら、いつの間にかSoftBankの顔とも言えたホワイトプランが受付終了し、代わりに「かけ放題+パケットし放題」がメインとなっていた。

正直、通話は月に10分もしないので、このプランに基本料金3000円も払ってられないというのが率直な感想で、そもそも、自分の行動範囲(自宅〜キャンパス)ではSoftBankの接続がお世辞にもいいとはいえず、進んで通話しようという気分にはなれない。LTEの通信料も、結構使っているつもりでも、家ではほとんどWi-Fiを利用してるためか毎月1GB強なので、もうそろそろSoftBankはやめるかという気分になった。

色々MVNOについて調べてみた中で、通信の安定性と、音声通話ありで一番良さそうなのが「IIJmio みおふぉん」だった。毎月の通信量1〜3GB、下り最大150Mbpsらしく、他のMVNOサービスと比べて下り速度は圧倒的に速いようだ。docomo回線なので、エリアの広さは言わずもがな。

ということで、以下、iPhone 6 64GBモデルを一括で購入する場合のIIJmio みおふぉんと、SoftBankの新料金プランの個人的な比較。

IIJmio みおふぉんは、月の通信量が2GBまでのプランで2,397.6円。SIMフリーiPhone 6の64GBモデルが86,184円(Apple Store価格)。

一方、SoftBankのスマ放題なら、2Gプランで7,020円。ここから、iPhone 6(64GB)の月々割がiPhone 5の下取りキャンペーンありで-3,360円。さらにU25ボーナスで-540円なので、毎月の実質支払は3,120円。本体の一括購入価格は83,280円。

通話料金は、みおふぉん(21.6円/30秒)でも月に1000円は超えないと思うので、月々割込みでもみおふぉんのほうが安い。さらに、SIMフリー版iPhoneなら契約面で色々と自由度が高い。サービスエリアも、特に屋内でSoftBankに比べて改善されるなら嬉しい。デメリットとしては、みおふぉんは留守番電話サービスがないのが地味に不便そうなくらいか。

SoftBankの更新月は12月のようなので、それまでにSIMフリーiPhone 6を入手しておきたいところ。

データカードダス用バインダー作製

100均で購入した「トレーディングカードホルダー」は横入れ式で、カードを出し入れする度に他のカードがするすると抜け落ちてきてとてつもなく使い勝手が悪い。どうしたものかと思って色々調べてみたところ、100均を活用してバインダーを自作する、というブログをいくつか見て、自分も使いやすいバインダーを自分で作るかと思い、やってみた。

少し前、カバンの中にペットボトルのお茶を盛大にぶちまけてしまった苦い思い出(お茶だけに)があり、バインダーといえど耐水性をある程度考慮したいということで、まずはファスナー式のバインダーを目指した。

f:id:sima_tuyu:20140829011331j:plain

6穴用の金具は100均のバイブルサイズ(A6)手帳の金具を、ファスナーバッグも100均のA5サイズのものを材料として使用した。リベットとリフィル(バンダイ公式)はネットで購入。

しかし、開いた状態ではいい感じに収まってるようでも、どうやらギリギリ閉まらない…。おそらく金具が大きすぎるので、もう少しリングの小さい金具に変えるしか無さそうである。残念。

ファスナー式は諦め、ケース入りのバインダーに変更。

↓開いた状態

f:id:sima_tuyu:20140829011956j:plain

↓ケースに収めた状態

f:id:sima_tuyu:20140829012048j:plain

結構いい感じかなと思う。金具はさっきと同様、本体は100均のフォトアルバムで、圧着されている中身を取り外して金具を装着した。

ついでに、使いにくかった100均のトレーディングカードホルダーのリフィルを切り出して作ったICカード入れまであるぞ!(しょぼい)

f:id:sima_tuyu:20140829012559j:plain

見た目がパステルブルーで簡素すぎるのが玉に瑕か…。しかし、いかにもファンシーなアイカツ柄のバインダーを持ち歩くのは少しハードルが高いと思っているし(今更だが)、紙製のバインダーはボロボロになりそうな気がするので…。しかし、せっかくなので次はシール用紙を使って持ち歩きやすい(でもアイカツっぽさのあるような)オリジナル柄バインダーを目指そうと思う。

この記事のオチは、100均で色々買っていたら明らかに公式バインダーの価格を超えるくらいは費やしたことである。

アイカツをプレイすると、人間としてのステージが高まる

様子見のつもりで、近くのアイカツ!筐体を置いているらしいゲーセンに、18時以降を見計らって行ってみたところ、子供向けゲームが密集する一画にほとんど誰も居なかったので、思い切ってデータカードダスICカードを購入し、アイカツ!筐体前の椅子に腰を下ろした。後で気づいたが、学生証型ICカードの販売機はアイカツ筐体の真後ろの柱の陰に設置されていた。男児向けゲームをプレイしているおばさんお姉さんは1人居たが、女児向けゲームが並んでいる壁側付近には誰もおらず、アイカツ!筐体が複数置いてある店舗だったので、まあプレイ目的の誰かが来てもまあ大丈夫だろうと思えた。しかし正直シラフではプレイできないと思っていたので少しアルコールを入れていっていた。

f:id:sima_tuyu:20140825234849j:plain

やってみるつもりではいたが、CD特典等で少々所有していたアイカツカードは持ってきていなかったので、最初は訳も分からず1コイン、出てきたトップスだけでどうやって戦えっていうんだと思ったところで、もう1枚買うかと聞かれたのでもう1コイン。普段、家庭用ゲームはじっくり説明書を読んでからプレイするタイプなので、アーケードゲームは往々にして、初回に訳も分からず戸惑ってしまい、なかなか落ち着いてプレイできない。

ステージセレクトの要領もまだ掴めていなかったが、何となく☆1つのステージは簡単なんだろうというのはわかり、適当に☆2つのステージに挑んでみたが、ハッキリ言って余裕だった。流石に、「女児向けゲームとしては難しい」と言えども、やはり子供向けの難易度かと、そのまま連コしたら、露骨にキラキラしたカードが出たし、☆3のマリアちゃんに挑んだら負けたし、この辺でもう酔いでは誤魔化せない気分になってきたので、初アイカツ体験はここで終わりである。

しかし、アイカツを終えた心には、爽やかな風を感じた…自分が「新しいステージ」に立った気分だった。そして、アイカツカードを求めるリビドーが沸き上がっていたのである…。

で、今度はちゃんとCD特典のカードも持って行ったのが昨日であり、いつか他のアイカツプレイヤーに会うこともあるかと思っていたが、やはり夜の子供向けゲームゾーンは閑散としていた。カードの排出規則ではノーマル4レア1らしいので、レアが出たら止め時だろうか?とりあえず100均のバインダーが使いにくいのを何とかしたい。

f:id:sima_tuyu:20140826000621j:plain