データカードダス用バインダー作製

100均で購入した「トレーディングカードホルダー」は横入れ式で、カードを出し入れする度に他のカードがするすると抜け落ちてきてとてつもなく使い勝手が悪い。どうしたものかと思って色々調べてみたところ、100均を活用してバインダーを自作する、というブログをいくつか見て、自分も使いやすいバインダーを自分で作るかと思い、やってみた。

少し前、カバンの中にペットボトルのお茶を盛大にぶちまけてしまった苦い思い出(お茶だけに)があり、バインダーといえど耐水性をある程度考慮したいということで、まずはファスナー式のバインダーを目指した。

f:id:sima_tuyu:20140829011331j:plain

6穴用の金具は100均のバイブルサイズ(A6)手帳の金具を、ファスナーバッグも100均のA5サイズのものを材料として使用した。リベットとリフィル(バンダイ公式)はネットで購入。

しかし、開いた状態ではいい感じに収まってるようでも、どうやらギリギリ閉まらない…。おそらく金具が大きすぎるので、もう少しリングの小さい金具に変えるしか無さそうである。残念。

ファスナー式は諦め、ケース入りのバインダーに変更。

↓開いた状態

f:id:sima_tuyu:20140829011956j:plain

↓ケースに収めた状態

f:id:sima_tuyu:20140829012048j:plain

結構いい感じかなと思う。金具はさっきと同様、本体は100均のフォトアルバムで、圧着されている中身を取り外して金具を装着した。

ついでに、使いにくかった100均のトレーディングカードホルダーのリフィルを切り出して作ったICカード入れまであるぞ!(しょぼい)

f:id:sima_tuyu:20140829012559j:plain

見た目がパステルブルーで簡素すぎるのが玉に瑕か…。しかし、いかにもファンシーなアイカツ柄のバインダーを持ち歩くのは少しハードルが高いと思っているし(今更だが)、紙製のバインダーはボロボロになりそうな気がするので…。しかし、せっかくなので次はシール用紙を使って持ち歩きやすい(でもアイカツっぽさのあるような)オリジナル柄バインダーを目指そうと思う。

この記事のオチは、100均で色々買っていたら明らかに公式バインダーの価格を超えるくらいは費やしたことである。