MVNO(BIC SIM)にMNPしたメモ

今更ながら、1ヶ月ほど前にSoftBankからBIC SIMにMNPしたので、備忘録としてメモ。

 

12月の某日曜日、京都駅のビックカメラではまだBIC SIMカウンターがなかったため、日本橋ビックカメラに行きました。本当は前日に行こうと思ってたんですが、昼過ぎに電話で確認したところ待ちが数時間とのことで断念し翌日にしました。

当日は確か13時くらいにBIC SIMカウンターに着いて、カウンターは埋まってたけど待ちは1人くらい。待合スペースらしきところに行くと先に問診票みたいなのを渡されて、MNPにするかとかどのSIMでどのプランにするかを書きながら待機しました。結構すぐにカウンターが空いて手続きに入れた記憶があります。

カウンターでは担当の人の差し出すiPadを使って、その場でみおふぉんの契約をしてく感じでした。途中そのiPadで身分証明証の写真を撮ったり、最後に確認のメールを自分のメールアドレスに受け取って認証コードを入力しました。もともとMVNOについて色々調べてから臨んでいたので結構スムーズに手続きは進みました。

iPadでの手続きのあとは、回線の移行に時間が掛かるとのことで、1時間後に再度SIMを受け取りに来てほしいと言われました。なので、近所で適当に時間を潰しましたが、その間すぐにMNP元の回線が使えなくなるというわけではなく、指定時間の少し前くらいに圏外になりました(周辺の地理に詳しくなかったのでGoogleマップが見れなくなるとどうしようかと思ってましたが杞憂でした)。

再度カウンターに赴き、SIMのパッケージを受け取り、最後にレジでSIM代を支払うという流れでした。その場ではすぐにSIMを試せる状況ではなかったので、近くのマクドナルドで席とコーヒーを確保し、回線を試しました。みおふぉんのプロファイルは事前に用意していたSIMフリーiPhone 6にインストールしておいたのでWi-Fi接続は必要なく、SIMを入れるだけで回線が使えましたが、SIMを挿入した直後はしばらく3G表示だったので少しヒヤヒヤしました。

 

現在は安定してdocomo LTE回線での接続が利用できています。docomo回線なので結構期待していましたが、そこまで劇的にSoftBankの頃よりエリアが広く感じる…というほどではありませんでした。今まで繋がりにくかったところだと繋がりやすくなるところもあれば、あまり変わらないところもあるという印象です。利点はエリアより通信料の方が大きいので、全体で見ればいいMNPだったと思います。